スノボの後は、宿泊して疲れを取るとラクで楽しい

寒い季節になると、スキーやスノボに出かけ、雪を楽しみたくなります。昔家族で行ったことことがある、これから友達同士で行ってみたい…と言う方も多いのではないでしょうか。スキーやスノボは、まずリフト券を購入し、専用のウェアとボードを装着し、リフトやゴンドラで好きなスポットまで登ります。スノボ歴が長く毎年出かけるような人は、ウェアやボードを持参する人も多いですが、初心者ならレンタルでも十分です。

大抵は入口近くにレンタル用具の窓口があるので、そこで申し込みます。しかし初心者でも持参したいのは、帽子と厚いパッドの入ったヒッププロテクターです。日常では考えられませんが、初めはバランスを崩し、転んで尻もちをつくことが何度もあります。柔らかい雪だと良いのですが、固く踏みしめられている雪の上に転ぶととても痛く、後でアザになることも…。

おしりを守るためには必須アイテムと言えます。帽子は、雪山の冷たい風から頭や耳を守ってくれるので重宝します。可愛ニット帽などもたくさん売っていますよ。もし仲間や恋人と出かけるなら、宿泊して楽しい夜を過ごすのも楽しみの一つですね。

滑った感想や失敗談など、会話も尽きないのではないでしょうか。特におすすめなのは温泉付きの宿を取ること。また、宿泊付のスノボツアーなどもたくさん出ているので利用するのも手です。スノボは思ったより体を酷使するので、一日ゆっくり宿泊してお風呂で疲れを取っておくと、翌日の筋肉痛がだいぶ軽減されます。

次の日から会社で…と言う人も、疲労回復できますね。スキーツアーのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*