シール・ステッカーのコストや粘着力

シール・ステッカーで気になるのは素材以外にもコストや粘着力で、一般的に紙の素材はフィルムよりも割安で耐久性は必要ないなら紙の素材がよくてコストパフォーマンスに優れているのは上質紙です。普通紙と言われるもので表面加工がないのでざらついた手触りで、単色印刷に向いていてコピー紙やチラシなどで使います。シール・ステッカーだと業務用ラベルや筆記性もあるので訂正用シールも向いてます。カラーや写真印刷も出来ますが表面非コートなので発色がよくなく、人によって風合いを感じたりしますが意匠性を求める商業印刷なら他の素材の方がいいです。

コストを出来るだけ抑えるなら素材以外にも印刷方法も考えると安く作成することが出来ます。シール・ステッカーは用途で粘着力の強弱を使い分けることも大事で、粘着力が弱いシールだと再剥離・微粘着・弱粘着などを使います。粘着力が弱いと再剥離可能で下地へののりの残りや損傷も避けられ、付箋紙・イベントやキャンペーン用の販促シールなどで使います。逆に粘着力が強いシールは、剥がれにくい・強粘着のタイプがあり粘着力が強いと屋外の雨風にも耐えられる剥がれにくいシールも作れます。

曲面・凹凸が目立つところへ貼り付けるときはシールの浮き上がりを防げて、屋外看板・バイクや車用で最適です。他にも変わったシールだと和紙を使った物もあり、高級感や和のテイストが特徴で金色・銀色など色の種類も豊富で繊維が絡まった模様も味わい深いです。和菓子のラベル・贈答品・冠婚葬祭などで使うことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です