シール・ステッカーを効果的に利用するには

シール・ステッカーを効果的に利用するには、それぞれの性質を十分に理解することが大切です。見た目には同じように見えるシール・ステッカーですが、厳密には明確に区別されており、シールは屋内で使用する簡易的なもので、ステッカーは屋外で使用できる耐候性を備えたものとなっています。またシールは様々な図柄などを印刷しているもので、ステッカーは会社やブランドの名前など、いわゆるロゴを表示しているものが多いのですが、近年ではその内容はあまり区別されることがなくなってきました。そのため、商品で販売される場合には屋内用か屋外用かでシール・ステッカーの区別をすることも難しくなっているのが実態です。

そのため、シール・ステッカーを使用する際には、自分自身で屋内だけに使用することができるものか、屋外でも使用できるものかを確認することが重要となります。ただし、印刷業者などにその印刷を依頼する場合、シール・ステッカーの区別を明確にしなければなりません。その理由は貼り付ける面の糊の材質に大きな違いがあるためです。シールの場合には元来屋内で使用することを前提にしていることから、水に濡れた場合に剥がれてしまう材質を使用している場合が少なくありません。

これに対してステッカーは元来屋外での使用を前提としているため、非常に強い耐候性に優れた糊を使用していることが多いものです。実際に印刷会社に依頼する場合には、その用途を明確にすることが、重要なポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です