シール・ステッカーを作成する際の注意点

シール・ステッカーは、手軽に個人作成が可能なため、コロナ禍においておうち時間が長い今、オリジナル作成をする方が増えています。ご自身で絵を描いたり、あるいは撮った写真を加工してシール・ステッカーにするなら一見何の問題もないように見えますが、もし既存の作品を真似て作成しようと思っている方がいるのなら注意が必要です。写真の場合についても同様にシール・ステッカーの作成時に注意が必要なため、ご紹介します。まず人気があるアニメや漫画のイラストを真似て、100円ショップなどで購入した台紙に印刷して自分のみで使用するなら問題がありませんが、既に存在している作品には著作権が発生しているため、販売を行ってはいけません。

あくまで自分の楽しみに留めておきましょう。個人でしか使用しないけれどオンラインショップで印刷を考えている場合には、印刷会社によって利用規約があるため、まずは規約を確認してください。次に写真の注意事項ですが、人物を映した写真を加工してシール・ステッカーにするのは、プライバシーの侵害にあたるため、行ってはいけません。もし行うのなら、シール・ステッカーにしたい人物からきちんと許可を取りましょう。

これは個人利用であっても、必ず本人の許可を取りましょう。また、車の写真の場合にはナンバーは映してはいけないなど、注意事項があるため、写真をもとに作成する場合は、誰かの権利を害さないものが対象になっているか注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です