シール・ステッカーを使ったマーケティング方法

サービスを始めると同時に、ノベルティグッズなどを活用して、シール・ステッカーを作るケースも多くなってきています。シール・ステッカーは、サービスのロゴマークがあれば作成することが可能な、手軽にできるノベルティグッズと言えます。企業のセミナーやイベントなどに参加した場合には、企業やサービスのロゴシール・ステッカーなどがよく配布されることがあります。実際にこのような貰ったシールステッカーをパソコンなどに貼っている人も多いことでしょう。

受け取る側にとっても邪魔になることもなく、もしもどこかに貼ってもらえれば、大きな広告宣伝効果が期待できる、魅力的なノベルティグッズの一つと言えるでしょう。シール・ステッカーがマーケティングにどのような効果をもたらすのかと言うと、これは心理学の世界ですでに立証されているものです。これはザイオンス効果とも呼ばれているものであり、単純接触効果といいます。同じ人間が物に接する回数が増えれば増えるほどに、これらに対して良い印象を持つようになります。

わかりやすい具体例で言えばCMが該当し、はじめは興味がないかもしれませんが、接触する回数が増えれば増えるほど、親近感が湧くというものです。繰り返しの効果は侮れないということが分かるでしょう。しかしメールマガジンやWebなどのプッシュ通知はブロックする人が多いことから、闇雲に回数を増やし続けたからといって好印象になるわけではないため十分な注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です