シール・ステッカーそれぞれの違いとは

商品に貼り付けあるシールや、車などにデコレーションなどで使用するステッカーなど、シール・ステッカーはどちらも同じものと勘違いしている人は少なくありません。シール・ステッカーは前者は主に屋内で利用する用途に適している用紙であり、ステッカーと比較してコストが安く済むことや、ワインのパッケージやお菓子や瓶に貼り付けてある物もシールの場合が多いです。最近ではフィルム素材を使用したシールも登場しており、フィルム素材を使用していると耐水性がアップするので、シャンプーやトリートメントのボトルなど浴室で使用する際に水に濡れても剥がれにくくする時などに使用されます。シールには和装素材や豊富な用紙など種類が豊富であることもあり、食品用シールや社名シールとしても活用範囲が非常に広いです。

反対に後者は主に屋外で利用する用途に適した用紙であり、グレード別に3種類の素材から選択することが可能で、耐水性もしくは耐抗生の両方を有する素材なので水に濡れてしまっても劣化しにくいことが特徴の一つです。イベント用のステッカーとして使用されたり、車用ステッカーなど幅広い範囲で利用されています。シール・ステッカーをラベルで使用する場合に、大きく分けるとシールは屋内使用でステッカーは屋外使用で分かれ、さらに前者は試用期間は数ヶ月程度とかなり短く、後者は1年から4年と長期間の使用ができる特徴を持っていることから、貼って使用する期間なども考慮して選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です