製品のシール・ステッカーを剥がすには

買った製品やジャムの瓶などどんな商品でもシール・ステッカーが貼られているため、綺麗に剥がしたいけれどプリント面だけ剥がれて跡が残ってしまったという経験のある方は少なくありません。最近の製品は再剥離紙という剥がしやすいシール・ステッカーが使用されていることも増えていますが、このタイプであれば慎重に剥がせば跡を残さず除去することが出来ます。ただし全ての商品が再剥離紙を使用しているわけではないので、次に行うべきなのが水でふやかす方法です。紙素材で出来ているシールが貼り付けている物で、プラスチック製品などそのまま水に濡らしたり、水の中に入れても問題がない商品であれば、水を張った入れ物の中に入れて漬け込んでおけば時間と共にふやけて綺麗に除去できるようになります。

もしサイズが大きく漬け込むことが出来ない場合には、水を含ませたティッシュなどシールに貼り付けて、ラップを上から張り保水しておけば同様の効果を得ることが出来ます。紙部分が柔らかくなっていると判断したら、指でめくるよりもヘラなどを使用することでスムーズに除去することが出来ます。シール・ステッカーどちらも綺麗に剥がせる方法としておすすめするのがドライヤーで温める方法です。ドライヤーの温風でシール・ステッカーを温めると粘着面が柔らかくなるので、スルッと剥がすことができる可能性が高いです。

ただしドライヤーを使用する際に気をつけるべきなのが、プラスチック製品の耐熱温度です。1200Wのドライヤーの送風口は140度にもなるとされ、プラスチック製品は変形をしてしまう恐れがあります。そのため温風に手を当てても耐えられる距離を開ければ変形の心配がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です