違いがあるシール・ステッカー

シール・ステッカーは同じような種類の商品と思われることも多いですが、正確には特徴が若干違っています。使われている素材にも違いがあり、シールの場合には紙が使用されていることが多いのが特徴です。その一方でステッカーは、フィルムなどの素材を使用して作られていることが多くなっています。使われている材料が違っている分、耐久性能にもそれぞれ違いがあり、ステッカーの方が丈夫に作られています。

使用される場所によっても違いがあり、ステッカーは屋外などに貼られることが多い商品で、耐久性が高いために外に出しっぱなしにしていても劣化の進行が遅いため長期間使用することができます。その一方でシールは部屋の中に置かれるものに貼られるのが多いのが特徴です。雨や風にさらされることはないために丈夫な素材で作る必要がないので、紙などで作られています。シール・ステッカーを作る時には、上記のような商品ごとの特徴を考慮して、どのような場所に貼るのかを考えてから制作した方が良いでしょう。

シール・ステッカーでは裏側についている粘着剤の強度にも違いが見られ、ステッカーの方が強度が強い粘着剤が使用されていることが多いです。屋外でも使用されることが多いために、粘着度が強いものを使用した方が、簡単にはがれにくくなるのがメリットです。反対にシールは粘着性が弱いものが使われていることも多いですが、後ではがしやすいのが特徴です。繰り返しつけたり貼ったりする必要があるものにも使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です