Skip to content

オフィスレイアウトの変更で費用を抑えて規模の拡大

オフィスを移転するというと企業規模を拡大する方向での動きを考えてしまいがちです。従業員を全て収容できるようなオフィスでなくなってしまったから、より広いオフィス物件を探して移転するというのが基本的であるのは事実です。しかし、オフィスレイアウトを変更するだけで十分に対応していくこともできる場合が多いということに留意しておくことも大切でしょう。オフィスレイアウトの変更にかかる費用はオフィス移転に比べるとわずかなものであり、それによってより多くの従業員を雇えるようにするだけでなく、業務の効率を上げたり、社員の気分を一新したりする効果も期待することができます。

そういった考え方からオフィスレイアウトを抜本的に作りなおすというのはよいアプローチといえるでしょう。オフィスがもともとスケルトン仕様となっていて自由度が高い場合には特にそのメリットを生かしていくことができます。不要なオフィス家具を一つ減らすだけでスペースは確保できるものであり、壁を一つ取り払うだけで開放感を生み出すと共にスペースの自由度も増えていきます。そういった考え方をもってオフィスレイアウトを一新していくと狭かったはずのオフィスが広々と感じられるようになってきます。

また、その規模に応じて外部に配置しても構わない部屋を外部に出してしまうというのもスペースを確保するのに役立ちます。そういった考え方ももってオフィスの形を整えていくと大きな費用をかけることなく規模を拡大していくことができるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です