Skip to content

スチールラックの特徴やメリットを確認!

スチールラックとメタルラックを混同している人が見受けられます。いろいろな面で違いがあるので、しっかり把握して間違えないように気を付けましょう。たとえば、棚板の形状も両者は大きく異なっています。スチールラックは典型的な板型になっていることが多いです。

メタルラックはワイヤータイプの金具で制作されている製品が多く見受けられます。一方、共通している点も少なくありません。ポールもその一つであり、筒型のもの大半を占めています。スチールラックに関しては、ポールの直径は25㎝がスタンダードです。

ただし、20㎝未満の製品もあるなどバリエーションは豊富です。耐荷重を考慮したうえでニーズに合ったものを選ぶ必要があります。スチールラックのメリットは組み立てが簡単であることです。それほど重くないため、一般的な男性であれば分解も一人で簡単に行えます。

高さなどのアレンジが容易であることもメリットで、パーツの追加購入を行える製品も多いです。基本的なセットであれば、あまり価格が高くないことも特徴となっています。大きさが同程度の他の収納棚と比べると、かなりリーズナブルです。一方、長身タイプに関しては安定感に欠ける製品もあるため、耐震用の部品を取り付けてることが前提となります。

偏った物の置き方をした場合も倒れやすくなるので注意しなければなりません。そのような点さえ意識していれば、素材の耐久性は高いので末永く使っていけます。スチールラックのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です