Skip to content

木製ラックにはないスチールラックの魅力

ラックの代表的な素材として挙げられるのが、木製とスチール製です。いずれにもそれぞれの良さがありますが、スチールラックには木製ラックにはない魅力が詰まっています。まず拡張性があるのがメリットで、スチールラックは後からでも棚の枚数を増やすことができたり、高さを微調整したりすることが可能です。カスタムができるよう専用パーツが販売されているため、本体を丸ごと買い替えをする必要がありません。

経済的に使用することが可能で、用途に合わせるためにその都度、買い替えをしたくないというユーザーに打ってつけと言えるでしょう。通気性が良く、カビの発生リスクが低いのもスチール素材ならではの良さです。盲点になりがちですが、湿気のこもりやすい場所で木製ラックを使っているとカビが発生する場合がありますので、例えば大切な本がカビにやられてしまうこともあります。かたやスチールラックは通気性の良い構造のため湿気がこもる心配がありません。

収納をしているアイテムの安全性が高まるだけでなく、本体そのものもカビによって被害を受けることがなく、キレイな状態を長持ちさせられます。移動のしやすさにおいてもスチールラックに軍配が上がります。木製ラックは分解をすることが難しかったり、分解をしてもサイズがコンパクトにならなかったりします。そのため、模様替えや引越しなどをする際に不便になり得ますが、スチールラックはパーツ単位で分解ができるようになっていることで、女性だけでも移動を楽々行うことが可能なのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です