Skip to content

スチールラックの考察

スチールラックは文字通り鉄ですので重いです。さらに固いので重いからと言って引きずると当然フロアは傷だらけになります。そうなることがわかっているのですから、完成形を購入する場合は足底が養生されているものを選んだほうがいいです。ただし、引きずっている最中に養生が壊れる可能性がありますので、古いタオル等で足を巻いたほうが滑りやすいのでお勧めです。

完成形のスチールラックは扉から入らないという人はパーツになっているものを選ぶことも重要です。その際組立道具は何が必要かを確認するのを忘れずに。メーカーの中には必要な工具が入っていることがありますが、非常に使いにくいのばかりなのでホームセンター等で購入しましょう。スチールラックのほとんどはパンチングメタルという形状で強度に影響がでないようにして、無数の穴が開いていますのでパーツ一個一個は軽く取り扱いやすいものがほとんどです。

その穴を利用してボルトナットで締め付けて組んでいくのが普通です。鉄ですので丈夫かというと穴のおかげで最低限の強度しかありませんので、使わない角度では簡単に曲がりますので注意してください。また、塗装が剥がれやすいのも特徴的で焼き付け塗装になっていますが、傷をつけると塗料が簡単に平板のように剥がれますので組立の際は工具が滑って傷をつけたりしないようにして注意願います。買ってきたもののいざ部屋にセットしたら色が合わないなんてことがあったら、簡単に重ね塗りできますのでお好きな色に塗りましょう。

段ごとに色違いもいいかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です