Skip to content

ものづくりをしている方におけるオフィスレイアウト

自社にはオフィスがないので、オフィスレイアウトなどは考える必要性がないと感じている会社員の方も多くいます。このような場合、一般的なオフィスを考えるのではなく、その方が所属している会社で働く場を想像してみれば、もっとさまざまな想像ができるようになります。街中で勤務をしているビジネスパーソンなどは、社外から自社に戻ってくると自分の席が配置されており、それと同時に他の社員の方々も同じ部屋で勤務をしている状況が、一般的なオフィスとして知られています。社員の方はスーツ姿で、個人に机が配置され、それぞれの責任者を中心とした配置になっている場合が多くあります。

これがものづくりをなりわいとしている方であれば、オフィスレイアウトに関する考え方も大きく変わってきます。このような職業をしている方であれば、個人の机は必要無い場合もあります。それよりも、作業が的確に行えるような部屋の作りを考えなければなりません。工具も豊富に使用する環境にありますし、機械類も大型のものから小型のものまでさまざまです。

しかしながら、作業ができる部屋の大きさには必ず限りがあります。従って、ものづくりでも作業がしやすくなるような道具や機械類の配置を考えることが、この職業におけるオフィスレイアウトということになります。オフィスを直訳して考えれば事務所のようなイメージが出て来ますが、どのような職業においても仕事をする場として考えれば、それぞれの立場でレイアウトを考えることは可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です