Skip to content

オフィスレイアウトを仕事に合わせて変更

オフィスレイアウトは毎日同じ机の配置と座席となっているところがほとんどで、慣れていることから特に違和感は感じていないかもしれません。しかし実際は書類を保管している場所や他の人とコミュニケーションをとる場所、通路の幅などよく見てみると見直すとより仕事の能率がよくなる部分もあります。オフィスレイアウトとして仕事の内容によってはひとりで集中してできるようがよい場合もあり、コミュニケーションを重視する仕事もあります。その内容によって適したオフィスレイアウトがあり作業に集中するなら机に仕切りがあるほうがいいです。

オフィスは一日の中でも長く居る空間でもあります。やはり快適な空間を作って働いている人がより高い能力を発揮することができるようなレイアウトにするほうがいいのです。仕事をする場所は机の上だけではなく、会議室などのスペースも大切な場所です。気持ちを切り替えるという意味でもリラックスできるようなスペースがあるとなお良いことになります。

通路やコピーなどを配置している共有のスペースも見直す場所でもあります。メインとなる通路はやはりふたりが行き交うことができる幅が必要です。書類などをもって歩くこともあります。コピーの場所もあまりに狭いと書類を置いて整理することもできなくなります。

このようにオフィスレイアウトは慣れてしまうとなかなか見直す機会がありませんが、見直すことで仕事や作業の能率もよくなることがあるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です