Skip to content

オフィスレイアウト変更のポイント

オフィスレイアウトは仕事の能率や作業性に大きく影響しますが、どのように変更すればよいのかわからないということもあります。人数と部屋の大きさによってもレイアウトは変わってきますが、一人ずつ集中して行う作業なのか、コミュニケーション重視なのか、仕事の内容によっても変わってきます。一般的なオフィスレイアウトは部署ごとに机が配置され、上司が見渡せるように配置する方法が一般的でした。事務職には向いていますが、集中して考えるような作業にはあまり向いていません。

企画開発やプログラマー、クリエイターなどはブース型の空間を作り上げる方が仕事を集中して行うことができるのです。コミュニケーションを重視するならチームや部署ごとにブースを作ってデスクを背中合わせにすることで、視線を気にせず仕事に集中でき、コミュニケーションが必要な時は振り向けばよいという方法があります。オフィスレイアウトを考える場合に大切なものとして通路があります。一人ずつ行き交うことができる通路の幅がある必要があります。

具体的には1000mmから1400mm程度の幅が必要となります。スペースにもよりますが、基本的にレイアウトにはゆとりが求められています。ゆとりを感じられる空間があるほうが落ち着いて仕事を行うことができるのです。仕事はいつまでも集中して行うことは難しいので、例えばリラックスができるようなスペースがあれば気持ちを入れ替えることができるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です