Skip to content

オフィスレイアウトとその費用を抑えるためには

会社の規模や従業員数により必要なフロアの広さもさまざまですが、目安としては人間1人に対し、4坪程の面積が必要なようです。業務にあたって必要な備品等も職種により違いがありますが、共通して使用するものには複合機と電話機、個人においてはデスクセットとパソコンが最低限必要となる場合が多いでしょう。新規開業や移転等では、かかる費用も併せて考慮したオフィスレイアウトにしなくてはなりません。仕事のしやすいオフィスレイアウトにはどんなものがあるでしょう。

先ずはフロアにおいて中心となる業務スペースです。従業員の連携がとれるようお互いに声の届く範囲でデスクを箱型に配置したり、共有物は各々が使いやすい場所に配置する等の工夫が必要です。これは自宅のレイアウトのように同線を考えながら必要に応じて模様替えをしてもよいでしょう。来客スペースは来客があまり多くない職場においても準備しておいたほうが賢明です。

ここはフロアの出入り口付近に設置し、かつ、従業員の出入り等で来客の邪魔にならないような配置がスマートです。必要な備品に関しては従業員全員で検討するのがよいでしょう。必要・不必要を選定し、それぞれ費用をおさえるためのリサーチをします。最近ではオフィスレイアウトや事務用品等に便利なネットショッピングや、リサイクル店が多くありますので、何をどこで買うのと一番費用がかからないか調べる手間を惜しまないことが今後の事業においても有効と言えます。

これらの準備が経費削減と従業員のコミュニケーションに大きな役割を果たすでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です