外国人観光客のおもてなしに、翻訳サービスの活用を

日本の国を訪れる外国人観光客の増加が、昨今盛んにテレビや新聞で取り上げられています。

統計的にも外国人観光客の数はここ数年で劇的に急増しており、東京や大阪や名古屋の街でも、その姿はとても目立って来ました。いわゆる有名な観光地だけではなく、普通の家電量販店や個人経営の飲食店、郊外のマイナーな観光名所でも、中国や韓国や欧米諸国から訪れる観光客の姿が見られます。場所によってはお店や観光地を訪れる観光客の大半が海外のユーザー、というケースも増えて来ました。インバウンド需要は飲食店やお土産を販売するお店にとって、非常に嬉しいものです。

国内経済が不安定になって来ている今、インバウンド需要に活路を見出し、外国人観光客の方々をさらに積極的に誘致して、売り上げ向上を狙う地方の観光地や店舗も増加傾向にあります。海外のユーザーを今まで以上に呼び込むためには、翻訳サービスの活用が必須です。お店のメニュー表や観光地の案内看板が日本語オンリーでは、外国人観光客の方々が読めません。

翻訳サービスに相談し、中国語と韓国語と英語の最低三種類の言語を準備しておきたいところです。写真やアイコンだけでも基本的な情報は海外の方に伝わりますが、やはりユーザーの方々の母国語でメニューや案内を用意した方がお互い安心して、サービスの利用とおもてなしが出来ます。翻訳サービスは個人事業主でも気兼ねなく相談でき、特に近年では安価な料金プランでお仕事を請け負う翻訳サービスが増加しているので一安心です。三種類の言語を店舗や観光名所に設置して、観光客の誘致に成功し、村興しが大成功した地域は既に各地にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *