個人で翻訳サービスを提供する場合の注意点

語学力に自信があると言う方や、そうした経験があると言う方は、自分で翻訳サービスを提供したい、それで独立してフリーで活躍したいと言う方も多いかもしれません。

インターネットを通じて個人間で仕事のやり取りを行うことが珍しくはない現在においては、こうした願望を実現させることは難しくないとも言えます。ただし個人で翻訳サービスの提供を行うと言う場合には、以下のようなことに気を付けたいです。まずは自分の実力、経験を正しく示すと言うことです。仕事を請けたいが一心で、つい自分の実力や経歴を高く見せたくなる気持ちは理解できます。

しかしできないことをできると言ってしまったり、自分の実力に見合っていないことを請け負ってしまって困るのは自分自身ですし、それにより仕事をくれた方にも大きな迷惑をかけてしまいます。そして個人の場合、そのようなことで発生した責任をとるのも自分ひとりしかいないわけですから、そのようなことにはならないよう、事前に自分の実力などは正直に申告しておく必要があります。

それから翻訳サービスを請け負う際には、仕事を任せてくれた側のニーズを正しく受け取ると共に、こちらの要望も正確に伝えておくことも重要です。双方が納得できる内容で、しっかりと契約を交わしておくこと、それを書面など、目に見える形で残しておくと言うのも留意点です。顧客側のニーズがいまいち掴めない、あるいは自分の要望が伝わっていないと感じた場合は、そのままにしておかないで相手方に確認する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *